サポート

サポート

当社の製品を末長くご愛用いただくためのページです。
優勝カップ、トロフィー、メダルなど当社製品の修理、手入れ方法などについて、
ご説明いたします。

表彰楯、オーナメントに関するサポートページは別に用意してあります。

表彰楯のサポートヘ

旗、旗の付属品に関するサポートページは別に用意してあります。

旗のサポートヘ

お問い合わせ方法

当社への問い合わせは、メール、FAXでお受けいたします。
お問い合わせには必ず「署名」を付けてください。
翌営業日までにご返事します。

以下のようなご質問については、お答えしませんのであらかじめご了承ください。

  • 当社の営業に無関係な質問
  • 匿名のお問い合わせ
  • 事典的知識のためのご質問

修理などのご依頼は、画像の送信から

当社で取り扱いの製品かどうか、修理が可能な製品かどうかは画像から判断できる場合がほとんどです。デジタルカメラで撮影した画像を全体で5Mb以下にして送信してください。
新たな破損の原因となりますので、いきなり荷物で発送はしないでください。
また、大きさを測っていただき、ケースや本体にメーカー名、品番のシール等がありましたら、そちらの画像か内容を送信してください。
問合せの際は必ず「署名」をお願いいたします。

優勝カップの修理

カップの材質は、真鍮製、アンチモニー製、銀製などがあります。
アンチモニー製は重く肉厚で、欠けたり割れたりし、その部分の修理はできません。メッキ直しもできませんので、壊れた部分全体を製造している製品と交換するしかありません。
真鍮製は凹んだり部品が取れたりメッキがはげたりします。新品同様とはいきませんが修理することが可能です。ただ、メッキ直し等は新規製作以上に手間がかかり、かなりの高額になります。また、お預かりする期間も1カ月以上必要になります。仮の見積もりをいたしますので、画像を送信してください。
銀製カップは本体に銀製を表す刻印が打たれています。多くの場合は硫化して黒く変色していることが多いようです。凹みがなければ、新品同様に磨き直すことが可能です。お客様自身でお手入れをなさることも可能です。銀製カップのお手入れ方法へ

カップの日ごろのお手入れ

授賞式を終えて展示する段階で、手の触れた部分や汚れた部分を、固く絞った布での水ぶきと、からぶきを行っていただければ、かなりの年月綺麗な状態でご利用いただけます。飾りっぱなしの状態は、煙草の脂や、油分の付着などの原因になりますので、専用展示ケースなどがある場合以外は避けてください。収納ケースへの保管の際には、紙にくるんでいただけると結露などが起こることを防ぐことができます。同じ理由で食品に入っている湿気除去剤(シリカゲル)を入れておくのも良い方法です。

トロフィーの修理と手入れ

トロフィーは、細かいパーツで出来上がっているものが多いので、ほこりや油分などが付くと掃除が難しくなりますのでご注意ください。ボルトで人形から台座までを止めていることがほとんどです。ボルトが緩んでくると全体がガタついてしまいますので、締め直してください。汚れか目立つ場合は、ボルトを外して、分解してから掃除をすると比較的楽にお手入れができますが、完成形の写真を取ってから分解してください。
修理をご依頼の場合は、現状の画像を送信していただければ、修理可能かが判明します。トロフィーの汚れの除去等はお引き受けできません。
頭部の人形が壊れることが多いようですが、人形自体は修理はできない物が多く、当社で取り扱いのある類似した人形と取り換えることになります。

バッチの座金をなくした方へ

特ネジ並ネジ当社でバッチを購入された方以外へのパーツのみの販売は行っておりません。
バッチ用ネジ特(滑り止め回転金具付き、画像左)とバッチ用ネジ並(画像右)は入手が困難であるため、なくして困っている方へ、実費配布しています。ニッケルメッキ(銀色)のみ用意してあります。(特ネジは東急ハンズにはあるようです。)
「並」か「特」かを明記して、1個につき80円切手1枚と、切手を貼った返信用封筒を同封して下記の「バッチ座金 係」へ郵送してください。
上記以外のタイタックのキャッチ、ピンバッチの蝶タックは東急ハンズなどのアクセサリーパーツの販売店で入手が可能です。
議員バッチの座金などは特注品ですので、入手先、発注元、製作した工場、販売店へ問合せをお願いいたします。
133-0042 東京都江戸川区興宮町19-5 清田工芸株式会社 バッチ座金 係

プレートの交換

大会名、主催者の変更等で、カップやトロフィーの台座のプレートの内容を変更する場合があります。
お客様が張替をされる場合は、彫刻用プレートのページで現在使用しているプレートと類似するものを探してください。プレートの品番と文字の原稿を送信していただければ、必要な費用を算出してお知らせします。現在のプレートの画像を一緒にお送りいただけると参考になります。
当社での張替を希望される場合は、賞品全体とプレート部分の画像と大きさ、文字の原稿を送信してください。見積もりをしてから作業を開始いたします。

リボンの交換

カップ、トロフィーなどでは、製品を華やかに飾るためにコハクリボンで蝶結びして出荷しています。これは、耐久性のあるリボンではありませんので、早い時期に色あせてきます。次の大会で同じように賞品を飾りたいと、ご希望の場合は、リボンのみお買い求めいただけますようお願いいたします。紅白リボンの結び方ヘ

銀製品のお手入れ

銀製品のお手入れ方法は、それぞれの製品個別に説明してあります。