エンブレムをセミオーダー

金モールのエンブレムをセミオーダーで

チームブレザーや、チャンピオンブレザーに金モールのエンブレムは欠かせません。既製のデザインを利用して、海外へセミオーダーすることで、低価格を実現しました。
プロゴルフトーナメント優勝者にチャンピオンブレザーが着せられている姿をご覧になったことがあると思います。その胸にはかならず金モールで刺繍されたエンプレムが輝いています。
チームでそろえたブレザーにエンブレムを付けて集うのは、大人の贅沢です。中学高校の制服で、ブレザーを採用されている場合が多く、子供の服装のように思われがちですが、ブレザーは準正装ともいえるものです。
取り外しができるように加工しますので、お手持ちの上着を活用することもできます。優勝者、成績優秀者、有資格者等のしるしとして、エンブレムを贈呈しても良いかもしれません。土台になる4種類のデザインに、マークと名称を入れるセミオーダー形式です。
マークが複雑で金モールで表現できない場合は、普通の刺繍を組み合わせて表現することも可能です。ただ、金モールならではの質感が失われてしまうのは残念です。金モールで紋章を表す場合でも簡略化は必要になります。正確なマークの形状にこだわるよりも、製品の上質感を優先されることをお勧めします。
デザインによって、価格は多少異なってきます。デザインと制作個数をお知らせいただければ見積もりをいたします。制作数量が増えると価格が下がりますが、一つ一つ手作業で制作されますので、10個以上では大幅な価格の低下は見込めません。
海外での受注生産になりますので、50日間程度の納期が必要になります。

エンブレム 参考単価表
1枚 2-4 5-9 10-19
¥13,700 ¥8,700 ¥5,700 ¥3,700
エンブレムデザイン

A 91x92mm B 92x88mm C 92x92mm D 92x78mm

裏の金具の仕様と箱

エンブレム裏金具付属品

「ア」のタイタックと「ウ」のクリップ仕様の場合は追加料金は必要ありません。「イ」のマグメットホルダーは追加で700円の費用が必要です。「エ」の箱入りの場合は、追加で500円必要になります。
衣服に縫い付ける場合、裏金具を必要としないので、価格表の単価から700円を差し引きます。クリーニングなどでの取り外しを考えるとタイタックなどで止められるのが良いかもしれません。
タイタックは着脱に手間がかかりますが、ポケットとの中央等に配置できます。イとウの場合は、ポケットの引っ掛ける状態になります。