銀盃

銀盃

銀製品の贈り物の定番「銀盃」は、純度の高い銀を使用しています。銀の地金価格が大きく変動することがあれますので、下記の価格表は参考価格として表示しています。必ず見積もりをご依頼いただけますようお願いいたします。
文字の彫刻
1文字200円で彫刻します。彫刻は特にご指定がない場合は、楷書体、手彫りで、外側の縁に沿って、中心を取り巻いて円形に文字を彫刻します。こうすると、盃を置いたときにも、裏返したときも、文字を読むことができます。

銀盃(単杯) 参考価格表
品番

品名

税抜価格

mm

重量

21502 2寸 ¥9,100 60 25
21503 2.5 ¥14,000 75 43
21504 3寸 ¥19,600 90 63
21505 3.5 ¥27,300 105 89
21506 4寸 ¥36,400 120 120
21507 4.5 ¥49,000 135 165
21508 5寸 ¥63,000 150 210

銀盃の材質は999/1000で、純銀の刻印を入れてあります。
重量には多少の誤差があります。

仕上げのいろいろ

各種仕上げり納期はは10日間を目安としてください。
家紋彫刻は、盃内側へ家紋やマークの線彫りを行う料金です。
金サシは、彫刻した家紋などに部分的に金鍍金をすることです。
地アラシは盃の内側 をつや消し状に仕上げることです。
ご家庭で黒く硫化してしまった銀盃を元の銀色に磨くことができます。直し1は、傷などのない盃の磨き直し、直し2は、浅い傷の手直しを含 んだ料金です。

仕上げ 税抜参考価格表
  家紋 金サシ アラシ 直し1 直し2
2寸 \560 \600
\400 \400 \750
2.5寸 \600 \1,100 \500 \450
\1000
3寸 \650 \1,200 \600 \550 \1,200
3.5寸 \780 \1,500 \700 \650 \1,400
4寸 \890 \1,600 \900 \700 \1,600
4.5寸 \1,100 \1,700 \1,000 \800 \1,800
5寸 \1,500 \2,100 \1,500 \850 \2,100

桐箱の紐の結び方

銀盃は桐箱に入れて、飾りの意味合いもあり、真田紐で蓋が開かないように結ばれています。中央に結び目ができるようにするためには、ちょっとしたコツが必要です。>桐箱の紐の結び方のページ

銀盃

桐箱ケース
銀盃はすべて紐付き桐箱入りで、さらに紙箱に収めてお届けします。紐は、茶道具などの紐の結び方と同じです。「桐箱の紐の結び方」ページで詳しく解説しています。

見積、発注は、いつ、何を、どこで をお知らせください

10日間彫刻入りの納入では最速で10日間程度が必要ですが、短縮できる可能性もあります。
必要な期日、品番、個数、文字原稿、お届け先などのお客様情報をお知らせください。合計金額を計算してお知らせいたします。支払方法、お届け方法など、詳しくは、見積依頼、発注方法をご覧ください。
>メールで連絡する

銀盃の手入れ方法

銀杯は、手入れをしないと硫化して黒くなってしまいます。銀杯のお手入れ方法は次のようにして下さい。
1. 地金部分
最も避けたいのは、クレンザーや歯磨き粉などの粒子の粗い研磨剤を使用することです。表面に細かい傷が無数についてしまいます。多少のよごれは、重曹を少量水で溶いて柔らかい布にで磨き、水拭き、から拭きして下さい。汚れがひどい時は銀専用の磨き粉を使ってください。ドイツ製のベノールや楽器用のシルバーポリッシュなどが比較的手に入れやすい製品です。
2.金メッキ部分
金メッキ部分に磨き粉を使用すると「メッキをはがすこと」になります。硬く絞った柔らかい布で水拭きしたあと、乾拭きする程度にとどめてください。
3.アラシ仕上げの部分
つや消し状態に仕上げた部分が、部分的に変色してきた場合は、重曹を少量の水で溶き、指につけて擦って見てください。
4.変色(硫化)させない工夫
なるべく空気と接触しないようにするのが効果的ですが、結露など盃しないように紙で包んでから、付属の黄色い袱紗で包み、ビニール袋などに入れて桐箱に保管してください。その際に、チャック式の袋を利用して、空気をストローなどで抜いてやると効果的です。